故人との最後の時間をしっかり持つことができる家族葬

家族葬は基本的にこうしなければならないという決まりがないお葬式です。ただお葬式の流れとしては通常同様のお葬式となります。病院等で亡くなられた後、お葬式会社に連絡をし、ご遺体を葬儀場もしくは自宅に寝台車にて移動を行い、安置します。ご遺体は逝去されてから24時間以内は火葬することができません。そのため24時間ご遺体をご自宅や葬儀場などの預かり場所で安置する運びとなります。

その後、通夜式、告別式の打ち合わせを葬儀会社と行い、通夜式が行われます。参列する方を限定しているので、故人との時間をゆっくりとることができ、遺族は最後のお別れを心行くまで過ごすことができます。通夜の翌日に告別式が執り行われ、出棺となり火葬され、お骨となった故人を骨壺に収め式は終了となります。

家族や親しい方々のみのお葬式となるため、参列者は通常のお葬式よりも少ない状態です。参列する方々の対応に追われることなく、故人が亡くなられてから荼毘に付されるまで、最後のお別れの時間をしっかり持つことができます。家族葬は亡くなられた方との最後の時間を持つことができ、遺族は大切な方が亡くなった事をゆったりと過ぎていく時間の中で現実に受け止める事ができるようになります。