家族葬に呼ぶ方に迷ったとき

家族葬は基本的な決まりのないお葬式ですが、家族が自由に故人との最後の時間を考える事ができるお葬式です。しかし、決まりがないからこそ迷うことも多く、最も遺族が頭を悩ませることが、お葬式に呼ぶ方のことです。

身内の方はもちろんお葬式に参列しますが、親類、友人をどこまで呼ぶのか、これも身内が決める事です。どこまで呼べばいいのか、大切な方が亡くなってからこうしたことを考えるのも骨が折れる作業となります。そのため、万が一の時、誰を呼べばいいのか、できれば事前に考えておくほうが安心です。大切な方が亡くなるのを考えるのは避けたいことですが、故人との今生の別れとなるため、前もってしっかりと決めておくことで納得のいくお葬式になります。

故人の友人、親族の方の中で呼ぶのを迷うことがある場合は、できれば呼んだ方がいいといわれています。生前仲良くしていた友人についてどこまで呼べばいいのか迷う時には、故人と親友関係にあった最も親しい方に人選を任せるのも良いでしょう。親族の場合は、それほど近くない親戚であっても、生前故人とのお付き合いが密で、よくしてもらった方については、家族葬に呼ぶ家族が多いようです。このように後悔しないように呼ぶ方を決めることが大切です。