家族葬に呼ばない時は理由を伝える

家族葬を行うことに決めてから、誰に参列してもらうか迷うこともあるかもしれません。故人が生前親しくしてもらった方を熟知している場合はいいのですが、故人の友人の関係はよくわからないということもあるでしょう。また、難しいのが親族です。親しくお付き合いしていた方だけ来てもらうなど、故人が指定していたということなら別ですが、遺族で決めるとなると迷うことも多いです。

最終的に遺族でお葬式に呼ぶ方を決めた場合、呼ばなかった方に関しては、故人、家族の意志により家族のみでお葬式を行うということを必ず知らせるようにすべきです。家族葬が多くなっているということに関しては、現代多くの方が理解していることです。そのため、家族葬で執り行うという意思を呼ばない方に知らせることで、納得してもらえる可能性も高く、失礼だと思われることも少なくなるはずです。

連絡を行わず、お葬式終了後、お葬式を家族のみで行ったことを報告するという形もあります。ただ全く知らせることなくお葬式が終了し、亡くなったことも知らずにいたとなると、親類にとっても親しくしていた友人にとっても気分がいいことではなく、後悔させてしまうことになる可能性があることを心にとめ、それなりの対応を心掛ける必要があります。