家族葬で注意すべきこととは

家族葬を行ったことを訃報のお知らせなどで知らせていないと、親族から、どうして呼んでくれなかったのか、知らせてくれなかったのかと連絡が来ることもあります。訃報案内をしないということなら、少なくとも電話で会葬について辞退することを伝える事も大切です。

またお葬式を通常通り行ってきた親戚、故人の友人の中には、以前に香典をいただいていたのでと、香典を渡されることも多く、この対応に困ることもあります。この場合、故人に対する気持ちをいただくことになるため、辞退することは避け、後日香典返しを用意して送る、持参するなどの手段をとるべきです。相手の方にとっては自分の身内に香典をいただいていたのに、それをお返しできないことが不義理と感じる事もあります。この場合、気持ちを優先して受け取り、返礼するのがマナーです。

家族葬の大きなポイントとして、お葬式費用が一般お葬式よりも低くなるという利点があります。しかし、参列する方が少なくなるため、受け取る香典の額も低くなり、支払う額が一般葬よりも大きくなることがあることを理解しておく必要があります。焼香に関しても、お葬式報告を受けた方が焼香させていただきたいと訪れる事も通常のお葬式より多くなることが予想されます。来訪が多くなることにより負担もあるということも理解しておくべきことです。